ダイエット リバウンド

ダイエット後にリバウンドしない方法などあるのか?

ダイエットでつきもののリバウンドについての解説です

ダイエット時には、レプチンの満腹感との関わりが、リバウンドに影響します。

 

十分な食事をしても満足できないことが、ダイエット時にはあります。
食事などで得た脂肪が脂肪細胞に取り込まれると、つくられたレプチンが脳に満腹のサインを送ります。

 

食事制限をしていると、体内のレプチンの量か減少します。
常に空腹感を感じていることになるので、ちょっとしたきっかけでたくさん食べてしまいます。

 

ダイエットにリバウンドが伴うのも、無理のない話です。
燃焼するカロリーと、食事などで得るカロリーの差が、ダイエットにつながります。

 

リバウンドが起きるのは、ホメオスタシスで代謝が下がっている時に、普段と同じ量の食事をした時などです。
カロリー制限中でも、そのせいでレプチンが減ると、慢性的な空腹感でストレスがたまってしまいます。

 

一時的に消費カロリー量が減っている時に、たくさん食べ過ぎると、リバウンドするのも無理のない話です。
リバウンドのないダイエットをしたいなら、停滞期になっても、これまでどおりのダイエットを続けることです。

 

停滞期を終わらせたいならば、体を動かす習慣をつくりましょう。
消費カロリーを増やすためには、基礎代謝を高くする筋肉を体につけることが大事であり、そのことがダイエット時のリバウンド予防につながります。