ダイエット 成功 低消費モード

低消費モードが重要なポイントを握る

代謝が低下している時期を、どのように乗り越えるかが、ダイエットを成功させるための鍵を握ります。

 

ダイエットを成功させるためには、低燃費の状態に体がなっていたとしても、変わらず食事の量を少ないままにしておくことが大事です。

 

ダイエットの原則はとても簡単で、使うカロリーより、補給するカロリーが多いことがポイントです。
つまり、摂取するカロリーの量をとことんまで減らせば、あとは消費するカロリー量次第で体重は減ると思う人もいます。

 

ですが、人体は食事量が減っても対応できるようつくられています。
ホメオスタシスという機能で、食事の量が減れば消費カロリーの量も減るのです。

 

次に何があった時にも備えられるように、体脂肪を増やそうとする機能も、同時に働き始めます。
エネルギーを燃やす効率も低くなるために、ダイエットがスムーズにできなくなります。

 

何をすれば、少なくなってしまった消費カロリーを元通りの状態にできるものなのでしょうか。

 

体を動かし、筋肉を使うことが、ダイエットの成功には欠かせないものです。
人間の体は、筋肉量が多いほど基礎代謝が増えます。

 

運動で筋肉をつけ、基礎代謝が上がれば一日に使うカロリー量が増えます。
運動それ自体もカロリーを使う行為ですし、筋肉を増やし基礎代謝を上げれば、じっとしていてもカロリーを使います。

 

そのため、ダイエットの成功率をぐっと上げることが可能になります。
適度な運動でカロリーを使い、食事は適量を摂取しカロリーオーバーを防げば、ダイエットを成功に近づけることができます。