リバウンド 起きる メカニズム

リバウンドが起きるメカニズムについて

リバウンドが発生するメカニズムとは、果たしてどのようなものでしょう。
大幅なカロリー制限をしていると、リバウンドがしやすくなるといいます。

 

言葉の上では知っていても、リバウンドをすることと、食事を減らすこととの関わりが、どこにあるかわからないという方もいます。

 

リバウンドがダイエット時に引き起こされるメカニズムがわかると、どうすればリバウンドしないかもわかりやすいようです。
一度は減った体重が、再び増えて時にはダイエット前より太ってしまう現象を、リバウンドといいます。

 

 

リバウンドのメカニズムとは、ホメオスタシスという人の特徴と関わりがあります。
どんな状況にあっても、体温や、臓器の働きを維持しようとする機能が、ホメオスタシスです。

 

夏でも、冬でも、人間の体温がいつも同じなのは、ホメオスタシスの機能によるものなのです。
体重に関しても、ホメオスタシスは機能します。

 

急に食事の量が減っても、ホメオスタシスが機能することで、体重が急に落ちないよう調整されます。

 

 

ホメオスタシスが機能する典型例が、遭難した時です。

 

食事の補給が途絶えた場合、不要なエネルギーを使ってしまうことがないように、人体はホメオスタシスが作用して活動に必要になるカロリー量を少なくします。

 

どうしても使わなければ行けていけない分だけのカロリーを消費しようとします。

 

ホメオスタシスが働いて、できるだけエネルギーを使わないような体になっている時に、ダイエット前の食事量にすると、使い切れないカロリーがたくさんできます。

 

 

リバウンドのメカニズムは、このようになっています。
ダイエットを行う時には、何がきっかけでリバウンドが起きるかを理解した上て、リバウンドのメカニズムが機能しないような体重の減らし方と、減った体重の維持をすることです。